にゃん太郎とアマチュア無線

メインクーンのにゃん太郎と趣味のアマチュア無線と電子工作の記録です。

2015年10月

K6BEZ DG7EAO TFT アンテナアナライザにバンド選択を追加 その2


前にタッチスクリーンでバンドセレクト機能を追加しましたが、まあコストの点で安い2.2TFTを使ってタクトスィッチでバンドセレクト機能を追加したののですが、これで最終形態です。TFTのライブラリはオリジナルではUcglibを使っていたのですが、AdafluitのILI9341に移植しました。

タクトSWはD2とD3に増設します。回路図はDG7EAOのサイトにあります。TFTは22 inch 2.2" SPI TFT LCD Display module 240x320です。3.3Vの液晶なんでちょっと抵抗等の配線が面倒ですが、ebayで送料込みで600円ちょいで買えるのが魅力です。

なおarudinoはnanoではなくUno互換機で作りました。
移植にあたっては上記回路図ならば、下記のスケッチで動くはずです。

#include "Adafruit_GFX.h"
#include "Adafruit_ILI9341.h"

//ILI9341 2.2 TFT 240x320 SPI Adafault driver
#define TFT_DC 6        //Wiring
#define TFT_RST 4         
#define TFT_CS 5
#define TFT_MOSI 11    //Wiring
#define TFT_MISO 13   
#define TFT_CLK 10     //Wiring

Adafruit_ILI9341 tft = Adafruit_ILI9341(TFT_CS, TFT_DC, TFT_MOSI, TFT_CLK, TFT_RST,TFT_MISO);

//Wiringと書いてあるところは実際に配線してください。他はDUMMYです。
  
今回2種類作ってみました。
まずは開始周波数と終了数は数を任意でセットできるようにしてみました。
この応用で簡単に周波数指定のDDSが作れそうです。

SW2 周波数指定 長押しで桁移動
SW3 周波数スキャン 長押しでリセット

DSC03314

そして上記をちょっと使ってみたのですが、任意で周波数のセットができるのはいいのですが、短押しで数字指定 長押しで桁移動と操作がすこし面倒です。やはり周波数指定はロータリーエンコーダを使ったほうがいいですね。あまり部品を増やしたくなかったので今回は見送りました。

それでバンド選択をすこし簡単にしてみました。こちらのほうが操作性がいいですね。
SW2 バンドスキャン 長押し リセット
SW3 バンドセレクト 押すたびに 3.5 7 10 14 21 28が選択できます。

DSC03313

DSC03312

動作は下記のようになります。


これでどうやら最終形態で落ち着きそうです。SWRの絶対値が信用できないとか、連続でScanすると波形が乱れる問題が残っていますがいものところ原因不明です。スケッチですがあまりにも汚いので公開は遠慮しておきます。どうしてもというのでしたらメールをください。

それからおまけで下記のArudinoUNO互換機をBangooで見つけました。なんとUSBがスマホと同じMicro-B端子になっています。いままでどうしてもシールドを重ねたとき、でかいUSB端子が接触して気を使っていたのですが、その心配がないです。値段も送料込み4.52$です。
いままでAitendoのびんぼうでいいのを使っていたのですが、値段もこちらのほうが安いのでこれにします。
MINIUSB端子よりMICROUSB端子のほうが耐久性もいいようなので、、

DSC03315






K6BEZアンテナアナライザにタッチスクリーンその2

いろいろ試行錯誤してタッチパネル使用のスタンドアロン型K6BEZアンテナアナライザの最終形態?を完成しました。なにしろArudinoは全くに素人なんでいろいろライブラリ関係で苦労しましたが、なんとか動きましたので公開します。
うちの3.5 7 14 21 28バンドのバーチカルアンテナ ダイヤモンドKV-5の1から30MHZのスキャン表示

DSC03280

3.5Mhzのスキャン表示
DSC03281

なお最低Swrの値は結構甘いみたいですが、アンテナ調整には十分使えるでしょう。

今回は前回と違いUcglibではなくAdafruit純正?のILI9341とAdafruit_GFX.hに移植しました。フォントはあまりきれいではないんですけど、、
各バンドはALLを選ぶと1から30Mhzまでスキャンして全体のSWRカーブを表示します。Clrはグラフ表示のクリアでScanを押すとSweepします。
残念なことは今回使ったAdafruit 2.8インチ TFTタッチシールド v2の値段が5000円ぐらいで、少し高いことです。Bangooあたりで売っている1000円以下のタッチシールドで動かないか、いま試しています。これがかなりの難物でバージョンによってドライバのICが違うみたいで、苦労しています。またA0からA5までは使っているのでDDSがDDSの制御ができないので無理かもしれませんね。

動画はこんな感じです。中華なんちゃってLCDより相当早いですね。さすがは高いだけあります。



youtubeのリンクに初心者の書いたスケッチで恥かしいのですが公開しています。
今後ですが、タッチシールドを使わずにタクトSWを使って周波数選択するようにするスケッチも書いてみます。
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • DIY Rotating LED Kit POV Soldering Training Kit その2
  • DIY Rotating LED Kit POV Soldering Training Kit その2
  • DIY Rotating LED Kit POV Soldering Training Kit その2
  • DIY Rotating LED Kit POV Soldering Training Kit Upgraded Version
  • DIY Rotating LED Kit POV Soldering Training Kit Upgraded Version
  • DIY Rotating LED Kit POV Soldering Training Kit Upgraded Version
最新トラックバック
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

HamLife.jp
  • ライブドアブログ